Absara Job

ドライバーの求人で有利な資格|転職を成功させるテクニック

やりがいのある仕事です

健康管理に注意しましょう

履歴書

ドライバーの求人は物を運ぶ運送業以外に、旅客用自動車でお客様を運ぶ目的となるタクシードライバーの求人があります。
タクシードライバーは一か月に乗車できる期限があり、月に13日労働と定められています。
ひと月の残りの17,18日間は休日となるため、自分のプライベートな時間を確保しながらできる仕事です。
給与は出来高制のため、限られた時間の中でいかに効率よくお客様を乗せる事ができるかがこの求人の醍醐味ともいえます。
未経験者でも採用してもらえ、タクシードライバーに必要な資格を所得する費用を出してくれます。
最初に必要となるのは普通自動車第二種運転免許ですが、その後仕事の連絡手段として使用する無線の講習も必要になります。
また、配属された地域の道路標識や建物、駅の所在などといった地理に関して精通していた方が有利になります。
最近ではタクシードライバーがカーナビゲーションシステムを利用する事もあり、初心者でも無理なく仕事をこなすことができます。
このタクシードライバーの求人では心身共に健康であることが第一条件といえます。
大切な命を運ぶ仕事なので健康管理には日頃から注意しなければなりません。
面接の際に健康診断を実施するため、持病がある場合には事前に報告が必要になります。
また、最近はタクシー運転手に特化した求人サイトも存在しています。
これを利用すれば効率良く、タクシー運転手会社を探すことができるのでおすすめです。
運転手の待遇を重視している方は、そのような記載がある求人を探しましょう。

面接時に気をつけること

面接

タクシーや運送会社など、ドライバーの求人は数多くあります。
採用試験では面接が行われますが、ドライバーを志望している人は、どのような基準で採用されるのか知りたいのではないでしょうか。
まずは何と言っても会社の顔として仕事を任せることができるかどうかがチェックされます。
タクシーにしても、運送会社にしても、会社のロゴが入った車に乗り、お客様と接することになります。
ドライバーはいわば会社の顔とも言うべき存在です。
ドライバーが不潔な格好をしていたり、運転マナーや接客態度が悪ければ、当然、会社の評判も悪いものになってきます。
採用担当者は、言葉遣いや態度、清潔感のある服装などを見てお客様へ誠実に対応できるかどうかをチェックしていると考えて良いでしょう。
もちろん、ドライバーとしての経験も採用基準になります。
求人欄には経験者優遇などと書かれている場合もあります。
しかし、これまでの実績を並べるだけでなくそれらの経験をもとにどんな風に働きたいかをアピールする方が面接官にとっては好印象でしょう。
自分が会社に入ったら何ができるかという視点で話すことで面接官にアピールすることができます。
ドライバーとしての経験がない人でも同じようにこれから何ができるかを伝えましょう。
求人欄の経験者優遇ということはあまり考えずに面接に望みましょう。
求人欄には給料をはじめ、様々な条件が掲載されていますがわからないことや気になることは必ず確認することも大切です。
入社してから、自分が考えていた条件と違うといったことのないようにしましょう。

仕事内容と求められる能力

履歴書

トラックや宅配便などの荷物を運ぶドライバーの仕事に比べて、人間が相手の仕事ですから、意外と適性が求められるのがタクシードライバーです。
運転技術はもちろん、道路交通法に則った安全運転が出来るか、地理に詳しいか、お客様に対しておもてなしの心やサービス精神はあるかなどが求められる仕事です。
定年後の高齢者でも働ける職種であり、不況・好況には関係なく安定した求人があります。
タクシードライバーの仕事は、駅前や人の集まりそうな街中を走って、お客様を指定の場所まで送る事です。
基本的な勤務体制は1日あたり15時間〜20時間働き、次の日は休みと、出勤日と休日を交互に繰り返す体制になっています。
会社によっては2出勤、次の日は公休というパターンもあります。
勤務日数は月間で最大12乗務、休憩が1日3時間以上と法律で定められています。
タクシー求人の多くはこの勤務体制ですがその他、昼のみの昼日勤、夜のみの夜日勤、短時間のパート求人も少なからずあります。
タクシードライバーとして働くためには二種免許の取得が必須ですが、会社の方で取得費用を負担してくれる場合が多いので、求人広告を良く確かめておきましょう。
駅前のタクシー乗り場で待機したり、街中を走りながらお客様を探したりするのですが、効率良く探す事が給料アップの秘訣となっています。
タクシードライバーの給料は歩合給になっているので、限られた時間で多くのお客様を見つける能力の有無が給料に反映されてきます。
地域のイベント情報やタクシーを利用しそうな人が多く集まりそうな場所、時間帯による人の流れなどを前もって知っておくなどして、他のタクシーよりも先んじるための洞察力や機動性などが求められます。