Absara Job

ドライバーの求人で有利な資格|転職を成功させるテクニック

お客様を乗せる仕事として

就職する上での魅力には

バス

バスの運転手には、普通自動車免許で運転できる定員10名以下の小型バスや、定員11名から29名以下の中型免許によるマイクロバス、定員30名以上の大型免許による大型バスにわかれます。
いずれも、お客様をのせて安全に目的地に移動するための高い運転技術を要します。
そのため、技術職といっても過言ではありません。
バスの運転手は、年々人材不足となっているので、多くの会社の求人広告を目にすることでしょう。
バスの運転手としての魅力は、意外に多くあります。
しかし、ここでは就職するにあたって、大型バスについての魅力を挙げていきます。
大型バスの営業運転には必ず大型二種免許が必要となります。
しかし、免許を持っていない方でも、支援制度を行われている会社で取得することが可能です。
二種免許取得養成制度といいますが、取得するまでの費用を会社が負担してくれるサポートとなっています。
なので、これから運転手を目指したい方には安心できる内容といえるでしょう。
次に、どの運転手にもいえることですが、人間関係のストレスがあまりない点です。
仕事をする上で重要なのはスキルや技術だけではなく、長い間会社勤めをするには人間関係は一番大切なことでもあります。
運転手の仕事は、長時間にわたって運転するのが仕事ですから、上司や同僚との関わりも最小限で済みます。
そのため、長く続けられるのも一つの利点です。
年収については、勤務する会社によって差が生じますが、平均450万円前後となっています。
ですが、年収600万や700万ももらっているケースも意外なほど多くあるのが現状なので、安定性のある年収は魅力の一つです。
長距離バスの2名乗務などの基準が定められた理由もあり、運転手不足が年々深刻化しています。
しかし、自分の求めている会社を見つけることで、満足できる仕事となるに違いありません。

働き方や求人の特徴など

運転手

バスの運転手は、路線バスであったり観光バスであったり働く業種はさまざまです。
しかし、バスを運転する業務はどれも変わらず、責任感の大きな職業でもあります。
路線バスの運転手は、交代勤務として働くのが基本です。
便数の多い路線では、早朝から夜間までの勤務に運転手が交代して働くことになります。
不規則な体系ではありますが、運転業務が仕事のために、休息が十分にとれるように配慮された勤務体系が多いです。
毎日常連の乗客を乗車させるため、接客も行う必要があります。
運転手は乗客から路線や時刻を聞かれたりすることもあるので、丁寧に的確に教えていかなければいけません。
観光バスの運転手は、路線とは違って長距離を運転します。
幅広いルートを覚えるのはもちろんですが、長距離運転は疲労が伴うので、体力を持ち合わせておくことも大事です。
観光バス以外にも、夜行バスも運転手が活躍します。
夜行バスは夜間を主に走行するので、前日から十分な休息を心掛けることが大切になります。
この場合も長距離運転となり、夜間を走るのでかなりの集中力が求められます。
以上のような働き方で、繰り返し運転していきます。
これらの求人の中には、大型二輪免許を所持していなくても、採用後に免許取得を育成するところもあります。
免許を持っていてもバスの運転手が初心者の場合は、教育が充実しているところも少なくありません。
最近の運転手の求人は、未経験でも免許を持っていなくても採用するところが多いので、安心して求人の応募ができます。

お客様への配慮が大切

バス

バスの運転手になりたい人は、大型運転免許が必要です。
これまでも同じような仕事をしていた人なら、それだけで内定を取りやすくなります。
というのも、どこの会社でもすぐに即戦力となるような人を欲しがるものだからです。
同じような仕事をしていた人なら、すぐにコツもつかめるはずです。
一から教えるよりも断然、素早く仕事を覚えてくれると期待できます。
それから、バスの運転手は責任感が重視されます。
多くの人を一台に乗せるからです。
安全運転はもちろんのこと、常にお客様の気持ちになって考えながら運転をする必要があります。
ただ運転をしていればいいというわけではありません。
客商売でもあるので、お客様対応もきちんとする必要があります。
よって、ある程度は他人とのコミュニケーション能力も必要です。
それから、バスの運転手は正確さも必要になります。
運行時間をきちんと守って運転をしなくてはなりません。
それに、お客様に不安を抱かせないようなスムーズな運転をする必要があります。
よって、誠実さがものを言うこともあります。
もちろん、バスの運転手に採用されるためには、練習も必要です。
ベテランと組んでしばらく運転をすることもあります。
向いている人や向いていない人が居ることから、研修期間でそれを見極められることもあるのです。
このように、バスの運転手は誰でもできる仕事ではありません。
適性を頭に置きつつ、いろいろなバス会社に応募してみましょう。