Absara Job

ドライバーの求人で有利な資格|転職を成功させるテクニック

運輸業界に就職するには

採用で優遇される資格とは

仕事

トラックドライバーの求人に応募するには二種免許や大型免許を取得していることが前提になります。
普通免許で運転できるトラックの種類は限られており、サイズが小さい車両に限られるため、大型トラックや長距離トラックの求人には応募することが出来ません。
運輸業界では運転する車両が大きい場合や運転する距離が長くなるほど給与などの待遇面が良くなる傾向にあります。
また運輸業界は求人に対して応募する人が少ない傾向が続いており、求職者にとっては売り手市場の状況が長らく続いています。
少しでも有利な条件でトラックドライバーとして採用されることを目指す場合、二種免許や大型免許、長距離トラックの経験などがあると有利に就職活動を進めることが可能になります。
またトラックドライバーの求人で求められる能力のうち、安全運転・無事故無違反という部分も重要な部分です。
ドライバーとして勤務している時間はもちろん、勤務外の時間帯で自家用車を運転する場合においてもこの点は評価の対象になります。
これまでに交通違反や検挙された経歴があるかどうかという点も面接などで聞かれる場合があります。
プライベートで自家用車を運転する際にもしっかりと交通規則を守り、安全運転を心掛けるという姿勢もドライバー職を希望する人にとって大切なことになります。
ゴールド免許などを持っている場合、採用の際に優遇されるケースもあるため、しっかりとアピールすることが必要になります。

仕事の種類と特徴

男の人と女の人

ドライバーの求人は常にあるといっても過言ではありません。
ドライバーと一口にいっても、タクシードライバー、トラックドライバーなどその種類は様々です。
大きく分けると、人を運ぶ仕事と、荷物を運ぶ仕事に分けられます。
人を運ぶ仕事の代表格はタクシーの運転手です。
それ以外にも、会社や個人に所属して乗用車で人を運んだり、バスを運転したりという仕事などがあります。
タクシーとその他の求人の違いは、給料が歩合制か定額かというものです。
タクシーの運転手はうまく仕事をすれば高い収入を得ることもできますが、お客さんが乗らなければ収入は低くなります。
自分のペースで仕事量を調節できるともいえ、収入はそこそこでもいいから気楽に働きたいという人はそのように働くこともできます。
バスの運転手などは決まったコースを走ることになるので、収入は定額であり、決まった時間だけ働けばよいというわかりやすさがあります。
一方、荷物を運ぶ仕事にはトラックドライバーがあります。
主に大型トラックで荷物を運び、長距離の移動を伴うことが多いです。
トラックドライバーの求人は比較的多く、長く働けばかなり稼ぐこともできます。
トラックドライバーの求人はブラックという印象をもつ人も多いのですが、最近は働きやすさに配慮した会社も増えてきています。
ワークライフバランスに考慮している、休みがきちんととれるといった文言がある求人ならばある程度待遇は安定している可能性が高いといえます。

必要書類の記入方法

ウーマン

タクシードライバーとして働こうと考えている方は、事前に準備をして求人に申し込むと採用の確率を上げることができるでしょう。
それでは何が必要になるのかというと、これは他業種の場合と変わりはなく、タクシードライバーの求人に申し込むときに用意するのは履歴書と職務経歴書です。
ただし、求人の際に提出する履歴書や職務経歴書は採用において重視されるものなので注意をして記入しなくてはいけません。
履歴書は記入間違いや漏れがないように、職務経歴書はこれまでの職歴がわかりやすいように見やすく書くことが重要です。
履歴書や職務経歴書は手書きでも構いませんが、文字がきれいにかけないかもしれないという方はパソコンで入力し印刷して作成するといいでしょう。
それと履歴書の志望動機や職務経歴書の自己PR欄には、求人に応募した自分がタクシードライバーに適任だということや自身の意欲を示すために書き方に工夫をしましょう。
例を挙げると、タクシードライバーは1日の勤務時間が18時間と長時間車の運転を続けることになり、勤務には体力が必要です。
ですので現在スポーツをしていたり過去に取り組んでいたことがあるなら、スポーツで体を鍛えて一般の方よりも体力があるといった自分のアピールができるでしょう。
また、タクシードライバーはお客さんを安全に目的地まで送り届ける職業なので、普段から法定速度ルールを守って安全運転をしていると書いておくのもいいでしょう。
さらに、タクシー会社には顧客第一、外国人ドライバーを採用している、女性ドライバーが活躍しているとそれぞれ社風があるので、自身の理想とする経営をしている会社を選び共感できた点を履歴書に書いておくといいでしょう。